投資に株式な生活
儲かる株式投資家への道
真面目に株式投資を考えている、株式投資を始めたが行き詰ってしまった、そんなあなたのためのHPです。 預金、国債や投資信託で満足できない、出来るだけ短い時間を使うだけで効率的に利回りを上げたい方に、私自身の5年以上の経験を基に、効率的に投資する方法や、体験談を交えながら、考え方の紹介、株本や銘柄選定、株式学習ゲームの活用法などを主に紹介するページです。
Home>株式用語、格言集>格言 あ〜お   
株式用語、格言集



格言 あ〜お



頭と尻尾はくれてやる
狙った銘柄の最安値で買って、最高値で売り抜けることに、あまりに力を注いでも、無駄なだけですよ。
そんな天井(最高値)や底(最安値)を取って自慢することに目を向けても、ほとんど無理なことだし、失敗する基になります。
ある程度の安値で買って、ある程度の高値で売ることで、確実に利益を得ましょうという教訓ですね。

でも本当に、底や天井を自慢したがる人って多いですよね。
それに、あと少し早ければ底で買えたとか、天井で売り抜けられたとか、残念がる人も多いですね。
この心理を乗り越えて、冷静に行きましょう!



行き過ぎもまた相場
結局相場は、いろんな人達、機関投資家、相場師、一般投資家、個人投資家が作っていきます。 プロと呼ばれる人でも時には感情に支配されるときはあります。 人気が過熱ぎみで上に行き過ぎたときには、そのあとの下げもきつくなる可能性が高いですね。 沢山の人が乗っている船みたいなものですから、一度将棋倒しみたいに始まるとなかなか止まらない、最後の一人が倒れるまで。
別の言い方では、「相場は楽観の中で天井を打ち、悲観の中で底を打つ」と表現できるでしょう。 一回や二回の中央銀行の利率の調整の発表や、緊急融資の実施くらいでは止まらないのがそのときの心理ですね。

ですから、行き過ぎて上がったと思えるときは美味しい売り時、下がったときは嬉しい買い時ということもいえます。
ただ、それだけ他の人達と違う方向に行動を起こすのはなかなか難しいですが。



意地商いは破滅の因
人生の教訓のような格言ですね。
誰しも自分の失敗は、なかなか認めにくいもの。 自分の失敗を棚に上げるのは日常茶飯事なんて方も多いのでは?
正直、私もその一人です。

株式投資の中では、そういった行動は損失を雪だるま式に大きくしてしまいます。 自分の決めたルールに照らして、または損失額が小さいうちに損切りをするなど方向修正するということは、株式投資を続ける上でも大切なことです。

他人事だと「早く損切りすればいいよ」なんて軽く言ってるのに、自分の保有銘柄だとなかなか出来ない(ましてやお気に入り銘柄だとなおのこと)。

ここは、損失を増やさないためにも常に方向修正できる判断力を持ちたいですね。



石が浮かんで、木の葉が沈む
株式相場って、面白いです。 株価なんていうものは、それぞれの会社の業績や業界の動向、そして世界全体の貿易の傾向など数字に従って決まりそうなものなんですけど、現実はそうではないことは皆さんも目の当たりにしていると思います。

別の見方で、人気投票という喩えもありますね。

この格言は人気投票と言われる中でも特に、業績好調な会社の株価が下がって低迷したり、もう破産寸前ではないかというような会社の株価がうなぎのぼりになって、理屈で考えるまったく逆のことが起こっていることを言っています。

このような変なことが相場に現れるのも珍しいことではありません。
これは、バフェットの一番の買い時・売り時でしょうね。 浮かんだ石を売って、沈んだ木の葉を買う。

この理屈では変な相場が現実なのですから、それを利用できるように準備しておきましょう。



一割三割
株価って、色んな材料によって動きますね。しかし、どんな材料が出てきても、株価に反映されるのは需要と供給のギャップ。
この相場の教訓は、株価の動きが需給バランスのギャップから来ているという基本を思い出させる格言です。
需給バランスに一割のギャップが出ると、株価の動きが三割になるという増幅される相場。
例として好材料が出たとき、買いが5%増えて、売りが5%減れば、需給のギャップが10%になり、株価を30%押し上がるということです。感覚的には、悪材料のときの方が、こういった増幅した相場になりやすいと思います。
需給バランスが株価を決めます。
個別銘柄の動きと、相場全体の動きは違うので、そこは両方の動きを見てですね。




もどる
Copyright (c) since 2006. All rights received by 投資に株式な生活管理人.
inserted by FC2 system