投資に株式な生活
儲かる株式投資家への道
真面目に株式投資を考えている、株式投資を始めたが行き詰ってしまった、そんなあなたのためのHPです。 預金、国債や投資信託で満足できない、出来るだけ短い時間を使うだけで効率的に利回りを上げたい方に、私自身の5年以上の経験を基に、効率的に投資する方法や、体験談を交えながら、考え方の紹介、株本や銘柄選定、株式学習ゲームの活用法などを主に紹介するページです。
Home>株式用語、格言集>格言 わ   
株式用語、格言集



格言 わ




分からぬときは休め
売ったり、買ったり、色々と忙しいのが株式投資かもしれません。
そんな中で、相場が上向きなのか下向きなのか、よく分からない動きのときなどもございますですね。

そういう時は、儲けを出さなきゃって焦って売ったり、今が買い時だと考えて焦って買ってしまったりと、不安定な相場に振り回されてしまいがちです。

そこでこの格言です。 そういう相場の動きがハッキリしないようなとき、自分の考えがまとまらないようなときは、取引を続けるのではなくて、一旦手仕舞って株式投資を休みましょうということですね。 でも、株式投資を一旦始めると、なかなか全部手仕舞うのも勇気が必要ですけれど。



割安に買いなく、割高に売りなし
業種の平均PERなどなんのその、時々ある銘柄がかなり高値になったり、バーゲン価格になったりすることがあります。 それはそれで、高い銘柄は、そこまで買われた理由があるし、安い銘柄は、安値で放置されている理由があるはずです。

その理由が、明確に分からないときも多いですが、ただ闇雲に割高だから空売りだっ!とか、割安だから買いだっ!とか走ってしまうと高いものはより高く、安いものはより安くなることもあります。

ですから、その理由など分からない場合が多いですから、その相場に従う、つまりよく分からなくても高いものは高い、安いものは安いと相場の流れに反抗せず、素直に流れについて売買する、いわゆる順張りもまた、大切なことですよってことですね。



悪い銘柄は良い銘柄を駆逐する
普通なかなか損切りの決断がつかず、投資家は含み益のある良い銘柄から売ってしまうて行く傾向がありますよね。
悲しいかな、私もそのうちの一人です。

含み損が大きい銘柄を持っていると、その傾向はより強くなるため、気が付くと残っているのは含み損の銘柄ばかりになってしまいます。

常識で考えても、結果を見ても、含み益が増えている株はそのときの相場の波にしっかり乗っているので、早く売ってしまう必要はありません。反対に含み損になっている株を早めに売る(損切り・ロスカット)するのが、正しい投資判断と言えます。
私も、この格言を十分理解しなければなりませんね。



我れ、事において後悔せず
これは、宮本武蔵が残した言葉だそうです。

真剣勝負に臨むと決めたなら、その結果がたとえ失敗に終わったとしても、自分で決めたことなのだから決して後悔するべきではない。

今、本当に命を懸けるような勝負はそうあるものでありませんが、宮本武蔵には多々あったのでしょうね。
つまり、それだけの思慮をもって臨まなければならないということなのでしょう。
相場にも通じる格言ではないでしょうか。 私たちはどれ程のことを調べて相場に臨んでいるのでしょうね。



もどる
Copyright (c) since 2006. All rights received by 投資に株式な生活管理人.
inserted by FC2 system